HOME
クリエイターをクリエイトするのも
クリエイターの醍醐味
NANO*GALLERY 主宰 西川博美さん
NANO*GALLERY 主宰
西川 博美さん

にしかわ ひろみ/大阪府出身。銀行、音響会社勤務を経て2006年12月に大阪・中津に若手アーティストの作品を展示するNANO*GALLERYをオープン。アーティストのプロデュースも手がけている。
 狭い通りに日用雑貨などの店が並び、懐かしい昭和の雰囲気が息づいている中津商店街。西川さんがプロデュースするNANO*GALLERY(なの*ぎゃらりー)は、この一角にある。外観は周辺の商店と変わらないが、ガラッと引き戸を開けて中に入るとそこは写真やポストカード、イラスト、粘土細工などなど数々の個性あふれるアーティストのワールドが広がる。常設展示と合わせて随時開催の企画展では、テーマに沿って指向を凝らした作品も並ぶ。関連イベントとして地元・中津で音楽ライブも行うこともある。

NANO*GALLERY

 作品を発信しているのは10代の若手から80代のおじいちゃん、おばあちゃんまで幅広い年代の、関西を中心とする全国各地で活動中のアーティストだ。西川さんが音響会社勤務時代に携わっていたイベントを通じて知り合った仲間やアーティストの紹介で知り合った面々だけでなく、西川さん自ら他のイベントに顔を出して声をかけたアーティストもいる。

 NANO GALLERYは以前履物屋さんだった物件を改装し2006年12月にオープン。内装は業者を介さずGALLERYのスタッフと仲間のアーティストが行い、チラシ作りやキャッチコピーもすべてギャラリーの手づくりだ。音響会社を離れてフリーになる西川さんに、中津まつりの仕事で出会った中津商店街の人や町内会の人々が「ここにおったらええやん」と声をかけてくれた。町内会長さんが物件を提供してくれたこの場所に、そんな地元の人々が憩いの場として集まってくる。

「アーティストには発信する基地が必要。やり残したことを実現したかった」ギャラリー名の「ナノ」は、小さい点から出発する小さい場所というところから名づけた。

NANO*GALLERY

 発信基地としてはギャラリーという場所にとどまらず、アーティストが一堂に会するイベントも企画する。アーティストのWEBサイトの企画制作をサポートや、音楽ポータルサイトNANOSTATION(http://nano-station.net/)からインディーズで活動するアーティストの曲を配信。期待のインディーズアーティストQU-E(クエ)(http://www.qu-e.jp)は、運営スタッフとして所属している中津レストラン(http://www.nakatsu-rest.com)でプロデュースしている。CDジャケットのデザインは、ギャラリーで作品の展示もしているデザイナーに依頼した。ギャラリーでつながったアーティストが創り出す新しい作品も発信していく。

「ここでアーティストたちが接着剤のようにつながってくれて、さらに次のステージへ一歩上がってほしいんです」

 彼らを温かく見守る西川さん。彼女自身もまた、クリエイター一つ一つの小さい“点”から大きな作品に仕上げていくクリエイターなのだ。夢は彼らとともに広がっていく。
NANO*GALLERY
NANO GALLERY
大阪市北区中津3-18-2 TEL:06-7503-8038
【住所】
13:00~20:00 水曜定休
【営業時間】
■イベント告知
PEACE SUMMER 2007
2007年8月19日(日)~9月1日(土)
http://peace-summer.com
全国各地からのクリエイター約195人の作品が
一同に会するアートの祭典。
NANO GALLERY他大阪府内の7カ所の会場で開催。
問い合わせ先は事務局(NANO GALLERY内)
NCF NET
mail
クリエイターめぐり/なんばクリエイターファクトリー/大阪、難波から始まったクリエイターのネットワークサイト
powered by 自由人ススムワーク