HOME
イベントディレクター 三谷智弘
イベントディレクター
三谷 智弘さん

みたに ともひろ
/大阪府出身。2001年よりフリーで関西を中心にイベントの管理・ディレクター業務を行っている。なんばパークスでは2003年のオープンから参加。

イラスト:伊藤コージ
 大阪・難波の中心的商業施設、なんばパークス。休日は一層の賑わいを見せ、目玉である2階から8階まで丘のように連続する緑の屋上公園、パークスガーデンでくつろぐ人も多い。三谷さんは、現在毎週土日に開かれているイベントの進行管理を担当している。パークスガーデンの一角にある野外の8階円形劇場ではストリートパフォーマーによるライブパフォーマンス(大道芸)が、そして7階では2人のイラストレーターが似顔絵を描いている。
 三谷さんは、2000年春南海電鉄と吉本興業が共同でなんばパークスの開業プロジェクトの一環として開校した、クリエイター養成塾のイベントプロデュースコースに1期性で入塾。2001年に卒業後も塾主催のイベントや塾生がスタッフとして参加したイベントの企画・運営、講師が経営するイベント企画会社の仕事に参加するなどの経験を積み、数多くのクリエイターたちと交流を広げてきた。そして、なんばパークスの開業時にはオープニングイベントのスタッフとして参加、イベント終了後もなんばパークスのイベントを運営している。
 大道芸は日本各地で活動する10数名の外国人を含む経験豊富なプロのストリートパフォーマーが、1日2名交代で出演している。ジャンルはジャグリングの他にパントマイム、ダンス、手品など多彩。実は、大道芸が大阪で見られるのは天保山と、ここなんばパークス他数カ所のみ。パフォーマーの芸を楽しんだらぜひその気持ちを伝えてほしい。その方法とは、パフォーマンスの最後にパフォーマーが観客に呼びかける、バスキング(投げ銭)だ。日本ではこの習慣はあまり定着しておらず、ショーを見てもそのまま立ち去ってしまう人も多いのだが、大道芸を楽しんだらその分きちんとお金を払うのは芸人に対する礼儀でもある。
 似顔絵コーナーではTV番組でチャンピオンも取ったこともあるイラストレーターの俵 俊司さん、伊藤コージさんが参加している。一組につき30分かけて描きあげてくれる丁寧さ。ウェディング用のイラストも描いてくれるが、これが価格が良心的だと好評。結婚後も自分たちや産まれた子供達の似顔絵を依頼するカップルも多い。オープンと同時に施設に入って真っ先に頼みに行く客もいるほどの人気だ。リピーターの来訪はいわゆる道端の似顔絵では珍しい。
 大道芸も似顔絵も開業時から続いており、アーティストにとってずっと見守ってくれている三谷さんの存在は大きく、お互いよい信頼関係と持って続けられている。どちらもアーティストとお客様が近い距離で触れ合えるのが魅力。気軽に見に来て楽しんでほしいと語る。
■イベント
*なんばパークス パークスガーデンストリートパフォーマー
8階円形劇場で毎週土曜・日曜にストリートパフォーマーによるステージが開催されています。
13:00~18:30
時刻は天候により変更になる場合があります。夏期・冬期は休み。
※2008年9月から再開されます!
http://www.nambaparks.com/event_schedule/index.html#per
大道芸


*なんばパークス 似顔絵パフォーマー
なんばパークス7階 毎週土曜・日曜
受付11:00~17:30(当日時間予約もできます)
1人2,000円 2人3,000円 3人以上は一人につき500円プラス
ウェディング5,000円~(送る場合は送料500円)

俵 俊司さん

俵 俊司さん

イラスト:伊藤コージ イラスト:伊藤コージ

●問い合わせ先:パークスパフォーマー事務局
 090-8169-8627
NCF NET
mail
クリエイターめぐり/なんばクリエイターファクトリー/大阪、難波から始まったクリエイターのネットワークサイト
powered by 自由人ススムワーク