HOME
出会いはワールドカップ
webサイトも立ち上げて
エネルギッシュにさらなるステージへ
株式会社 ダイキチレントオール
営業/イベントディレクター
井上 雄二さん

いのうえ ゆうじ
/大阪府出身。
大学でアラビア語を専攻し卒業後チュニジアで3年間生活。2002年FIFAワールドカップでのチュニジア政府プロジェクトに参加のため日本に帰国。
2004年イベント会場設営とイベント用品総合レンタルの株式会社ダイキチレントオールに入社。

井上さんがイベント業界を志したのは20代半ばにさしかかったころだった。大学を卒業後通訳を目指しチュニジアで暮らしていたが、2002年にサッカーのワールドカップで日本とチュニジアが対戦したのを機にチュニジア政府が開催地であった日本プロモーション活動を行うプロジェクトを発足。メンバーとして加わった井上さんは日本へ戻り、チュニジアの合宿地や試合会場など全国各地でのイベント会場での交渉に通訳として仲介するともに、イベントの運営にも参加した。実は日本に戻る前から進路について悩んでいたが、活動終了時には「これ(イベント業界)だ!」自然とイベント業界へと気持ちが決まっていた。
その後縁あって大阪府堺市と東大阪市に店舗を構える、イベント会場設営・用品レンタル業のダイキチレントオールに入社。今は営業担当としてイベントの受注と受注したイベントの企画・設営などのディレクション業務に日々奔走している。
 だが、井上さんは自らの営業活動だけにとどまらない。入社して2年がたったころから会社のサイトのリニューアルを提案していたのである。社内で制作チームを発足させて企画・制作・予算管理など制作業務の全般を取り進め、2008年夏にオープンすることができた。
 サイトではイベントの種類ごとに全体図をイラストにして使用されるイベント用品を紹介するページを載せ、業界に詳しくなくても商品の内容と商品名が分かる工夫がされている。



 会社のことをよく分かっている社員である自分だからこそできると、会社概要のページも内容をまとめ原稿も書いた。これまでの業務とは異なる作業に苦労もあったはず。だが、リニューアルの成果は現れた。ある上場企業からサイトからの問い合わせが入り自ら訪問して商談を行った結果、大口案件の受注を獲得したのである。サイトを見て他社と検討した結果発注を決めたというクライアントの言葉は本当にうれしかったという。サイトのリニューアルを提案したのは、webを通じて会社のPRをし全国からの受注につなげようという狙いがあったからだった。「まだまだサイトに載せたいことがたくさんあって。今も自分で更新作業をしてるんですよ」と営業の業務ではないんだけれどと苦笑いしていた井上さんだったが、その表情には充実感があった。新しい切り口で自らの仕事の枠を増やしたいと手がけたサイトには愛着があるはず。もっと進化させたいと自ら手を動かしたくなるのは当然だろう。
 
■INFORMATION
株式会社ダイキチレントオールは、
イベント資材のレンタル、会場設営ならびに、運営業務に至るまで、あらゆるイベントにかかわる技術集団として躍進中です。
ハードを仲介にサービスと技術を提供することが仕事です。

HP: http://www.daikichi-rentall.co.jp/
問い合わせ フリーダイヤル: 0120-30-8005
mail: info@daikichi-rentall.co.jp


NCF NET
mail
クリエイターめぐり/なんばクリエイターファクトリー/大阪、難波から始まったクリエイターのネットワークサイト
powered by 自由人ススムワーク